チャレンジャー

命を吹き込む!!

木目がキレイ

早くも、天神橋の店が完成しそうです。 新しい店は気持ちの良いものですが、反面何も無い無機質の空間に「生命」を吹き込む作業が何よりも大切です。 桃の種があります、桃の種を植えても直ぐには甘い果実を得ることは不可能です。実際に手に取り自らの手で収穫の醍醐味を味わうためには、それ相応の労力を伴います。水をやり肥料をやり、雑草を刈り、害虫を除去し、秋には手入れを施し、の繰り返しで3~4年です。そしてやっと小さな果実が収穫出来ますが、それでも未だ売ることは不可能です。サイズが販売に値する程大きくないのです。 店舗も同様です、店舗を運営する人が種子です、経験という財産に肥料をどれだけ修行の間に与えることが出来たか?精神力や継続性、向上心、リーダーシップ等のお金には換算される事の無い「最大価値」をどれだけ発揮することが出来るか。この種をもとに発芽し、やがて大きな木へ成長し、甘く大きな果実を収穫出来るかは店舗を運営する当人(運営者)に託される事でしょう!!  以上の結果は、新店に限ることではないと考えます! 今の店舗にも必ず応用の出来る種子は眠っているはずです。そのお客様にとって甘い果実をいち早く見つけ出し、提供出来るように問いかけて行きたいと考えます。 胡麻屋 忠兵衛