チャレンジャー

美味しい!!鶏♪♪発見

新店の店名が決定!!
「燈屋 とり然」
店名由来:明日の燈りを灯す場所
「丹波黒どり」と「自然栽培のお野菜」で「黒力(くろぢから)を与える」店をめざします。

黒どり

黒ゴマ」は「ごまリグナン」といわれる抗酸化物質があり、活性酸素の除去や抗コレステロール作用、血圧上昇抑制、肝機能亢進作用、アルコール分解促進作用等があります。
黒豆」の種皮の黒い色素は、アントシアニンとポリフェノールです。これらは抗酸化作用が強く、動脈硬化やガンなどの予防に効果的で腎臓の働きを良くし、腎臓の働きを活発にすると考えられています。
黒酢」は、必須アミノ酸とクエン酸、りんご酸、アスパラギン酸などの有機酸、鉄、亜鉛、銅などのミネラル分を多く含んでおり腸の働きを改善し、また、乳酸を減少させる疲労回復、過酸化物質,コレステロールを減少させ動脈硬化,高血圧を予防します。等など、黒の強い力を示す根拠には、本当にビックリ!!させられます。
他、「木炭」「黒糖」「ひじき」「昆布」等の色素にも同様に体に良い効果が確認されています。
京橋界隈のサラリーマンの方へ「身体の中から元気の出る焼き鳥屋」を届けたい。そんな思いの詰まった店にして行きたいと考えています。もちろん居酒屋としての認識上アルコールは、「黒生ビール」です。
京丹波の山郷の風景も本当に良い所でした。

生産者の高野様ありがとうございました。